清和会HOME > 施設案内 > 水前寺とうや病院 > 院長挨拶

院長挨拶

質が高く、安全かつ効率的で納得できる医療を。

~水前寺とうや病院のホームページを開いていただきありがとうございます~

さわやかな新緑の季節を迎えました。4月1日に寺本仁郎前院長より病院長を引き継ぎました。どうぞよろしくお願い致します。また、平素より当院にご支援いただき厚くお礼申し上げます。

水前寺とうや病院は、JR水前寺駅からは徒歩で10分、水前寺公園の手前に位置する閑静な佇まいの市街地にあります。歴史と伝統ある地域に開かれた病院として、病院の理念に「IDENTITY(個人)の尊重-For Youあなたのために-」を掲げています。職員全員が職種を問わず、利用者さまの権利と意思を尊重した、利用者さま中心の全人的な医療と介護の提供をめざしています。つまり、私たち職員が関わる「あなた」のために、何をなすべきか、何ができるかを考えながら行動する病院です。

入院病床数142床(3個病棟)は、一般病棟(急性期医療)15床、地域包括ケア病床(急性期後の在宅復帰を支援)26床、障がい者一般病棟(神経難病の慢性期長期療養)53床、回復期リハビリテーション病棟(機能回復と在宅復帰を支援)48床で運用しています。診療科は内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、リハビリテーション科、整形外科(外来およびリハビリテーション目的の入院)で構成され、各診療科が専門分野を超えて家族のような絆で連携しているのが心強い特徴です。地域の基幹病院、診療所、医療機関、当院グループ内の老健施設などとも、それぞれの役割を担った緊密な連携がとれ、多職種によるチーム医療で急性期、慢性期、在宅復帰支援など利用者さまのそれぞれのゴールに向かって全力で取り組んでいます。

急速に進んでいる日本の少子高齢化社会を、住み慣れた地域で高齢者の尊厳と自立生活を支援していくという地域包括ケアシステムの中で、当院が担う使命をきちんと果たせるように、安心と信頼の温かい医療介護、保健福祉サービスの提供に努めてまいります。これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成27年4月

水前寺とうや病院 院長 今村重洋


基本方針

方針1
私たちは、全ての職種において基本理念の理解と実践に情熱を持って取り組み、患者さまの権利と意思を尊重し、真の利用者中心のチーム医療およびケアを提供します。

方針2
私たちは、保健・医療・福祉が一体となった、質の高い医療および介護サービスを提供し、開かれた病院として地域の皆さまが高齢になっても安心して地域で過ごしていただけるよう、信頼される病院を目指します。

方針3
私たちは、常に日々の研修、研鑽に励み、技術と知識の習得に努めるとともに、地域の医療機関との連携を図り、地域の皆さまに密着した安全で質の高い保健・医療・福祉サービスを提供します。

方針4
私たちは、良質な医療サービスを提供するために健全なる経営活動を行い、安定した経営基盤を構築します。


このページの先頭へ戻る