清和会HOME > 施設案内 > 水前寺とうや病院 > 病院リハビリテーション

病院リハビリテーション

「リハビリテーション」とは、「人間らしく生きる権利の回復・生活の再建」を意味しています。
水前寺とうや病院では、皆様の社会復帰に向けて、また自立した家庭生活を送れるように、広い視点での「リハビリテーション」を多職種連携(チームアプローチ)で行います。その方に適したリハビリテーション計画を総合的に作成し、QOL(生活の質)の向上を目指して、患者さまやそのご家族のご理解のもと、共に取り組んでいきます。

病院リハビリテーションの特徴

◆一般病棟

急性期の治療をして、患者さまの症状が安定する頃から、早期のリハビリテーションを実施します。
身体の障がいの早期改善や機能低下予防を目的としています。

◎『地域包括ケア病床』
急性期医療を終えた後にすぐにご自宅や施設等へ移ることに不安がある患者さまに対して、在宅復帰に向けての「準備」を整え、リハビリテーションを行っています。

◎『障害者施設等一般病棟』
医療処置や介護ケアを頻繁に行われなければならない重度な意識障害や神経難病の方などを対象とし、じっくり時間をかけて多職種連携をとりながら、ひとつでも多く自分で出来ることが増えるようにリハビリテーションを行っています。


◆回復期リハビリテーション病棟

脳血管疾患(脳梗塞、脳出血)や大腿骨頸部(太ももの付け根)骨折などの疾患において、急性期の治療が終了した後の患者さまに対して、日常生活動作の能力向上と家庭復帰を目的とした病棟です。多職種連携でプログラムを作成・実施し、実生活での自立を目指しています。専従のリハビリスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・歯科衛生士)を数多く配置し、365日リハビリテーションを行っています。
また、病棟スタッフ、ご家族などと一緒になって“いつでも、どこでも、誰でもできるリハビリテーション”やご自宅へ訪問して“ご自宅での生活を考えた練習”を行っています。“あともう少し” を積み重ねることを大切にし、常に患者さまやご家族と向き合って、誠心誠意取り組んでおります。


リハビリテーションの内容

◎理学療法・作業療法
身体の障害(けがや病気)により、日常生活が不自由になった方に対して、起きる・座る・立つ・歩く等の基本的な動作が自分でできるようになるために、筋力強化運動やバランス練習等を行っています。また、食べる・トイレに行く・お風呂に入る等の日常的な生活動作をできるだけ自分で行えるようになるための練習もします。

◎言語聴覚療法・摂食機能療法・口腔ケア
病気の後遺症で言葉が上手く出なくなった方への発声の練習や、口に入れた食べ物を噛んだり飲み込んだりすることが上手く出来なくなった方に摂食や飲み込む練習もしています。
また、口の中の汚れや乾燥に対するケアなどを行い、歯や口に刺激を与え、口の環境を整えたり、肺炎などの予防にもつながります。義歯の不具合や疾患などを訪問歯科医と連携し、しっかり咬んで食べて飲み込めるようにサポートをしています。

◎痛みに対しての治療
電気治療、ホットパック、アイスパック、牽引治療、メドマー(手足の空気圧マッサージ)、などの物理的療法をします。

◆私たちが取り組んでいるリハビリテーションの特徴

  • リハビリスタッフはとても明るく、“笑顔をモットーに”を心掛けて、リハビリを提供しています。
  • リハビリ室での運動だけがリハビリではなく、病棟の看護師や介護士そしてご家族の協力の下、病棟での療養生活の中でのリハビリ(生活リハビリ)に力を入れています。
  • 患者さまに合った「個別のリハビリ」を提供できるように、自己研鑽に努めています。
  • 患者さまを取り巻くすべての職種間の情報交換を密にし、「チーム」全体で患者さまやご家族を応援しています。

スタッフ数(平成28年1月現在)
理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 歯科衛生士 リハビリ助手
人数 18名 17名 7名 3名 5名

このページの先頭へ戻る