新型コロナウイルス感染の院内発生に関するお知らせ -第1報-

2021.01.07


このたび新型コロナウイルス感染の院内発生に関して、関係の皆様方には多大なご迷惑ご心配をおかけしお詫び申し上げます。

当院は平素より院内感染対策に全部署で取り組んでおりましたが、残念ながら1月5日に当院の入院患者様2名が発熱、新型コロナウイルスPCR検査陽性と判明しました。
熊本市保健所の指導指示のもとに1月5日、6日に当該病棟の入院患者様残り全員(33名)、退院患者様2名、関係職員全員(68名)にPCR検査を行いました。その結果、新たに退院患者様1名、入院患者様3名、職員4名が陽性と判明しました(明らかな感染経路は不明)。現在、陽性者は入院、ホテル宿泊、自宅待機で隔離対応しております。

なお、診療につきましては当分の間、入院外来とも中止させていただきます。
引き続き熊本市保健所のご指導を受けながら、職員一同全力を挙げて感染防止対策強化と患者様、職員の健康管理に努めているところです。
併せてご理解ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

令和3年1月7日 

医療法人清和会 水前寺とうや病院 院長 今村 重洋