部署紹介

外来

看護職員4名

 外来看護師は、経験豊富なスタッフを揃え、多様な疾患を持つ患者にきめ細やかな看護を提供しています。また、地域に根づいた医療の提供として、地域の方と積極的に関わる ため当院の地域交流室にて生活習慣病教室も開催しています。
 いつも「smile 笑顔」を合言葉に患者さまにより良い医療、看護が提供できるよう心がけています。

3病棟

一般病棟(14床)・地域包括ケア病床(40床)
看護体制 10:1、スタッフ数35名(看護職員28名)

 一般病床では、急性期病院との連携を図りながら継続した医療を提供しています。
 地域包括ケア病床では入院時より在宅復帰を目指し、チームを組んで、様々な問題の解決に患者さま・ご家族と共に取り組んでいます。患者さまが「その人らしく」生活出来るよう、想いに寄り添えるような看護の提供を心がけています。

4病棟

回復期リハビリテーション病棟(56床)
看護体制 15:1、スタッフ数32名(看護職員20名)

 脳血管疾患や骨折、術後や肺炎後廃用症候群の患者を対象に機能回復や日常生活活動における能力の向上を図り社会や家庭復帰を目指しリハビリを集中的に行う病棟です。経験豊富なスタッフがそろっており、高機能のリハビリテーションが行われています。
 当病棟では、明るく活気のある病棟づくりを心掛けています。

スタッフ数 6名

 病気や怪我などによって起こる様々な問題や不安について、看護師・ソーシャルワーカーが必要な情報提供を行い問題解決のお手伝いをします。また、住み慣れた地域でその人らしい生活が送れるよう院内外で切れ目のない連携を行っています。様々な相談窓口として対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

先輩からのメッセージ

2014年入職 一般病棟勤務  (看護師)

入職して半年が過ぎました。入職した当時は毎日が新鮮で看護師として働いていくことの楽しみがあった一方、分からないことも多く、毎日業務を覚えることに必死でした。先輩ナースに指導をいただきながら徐々に業務も覚えていき、今では遅出業務や夜勤もできるようになりました。
これからは知識や技術はもちろんですが患者さん一人ひとりに合った看護を提供できるような看護師になれるよう、今以上に努力をしていきたいと思います。

2014年入職 回復期リハビリテーション病棟勤務  (看護師)

学生の時から脳疾患を抱える方の回復過程に興味があり、当院を志望しました。回復期リハビリテーション病棟での仕事は毎日が学び、そして患者さまの回復していく姿をそばでみることができる喜びがあります。様々な疾患を抱えた患者さまが入院しているため幅広い知識が必要ですが、何事でも質問しやすい雰囲気と、先輩方が丁寧に教えてくださるおかげで、学びを深めることが出来ます。これからも、先輩方から助言をいただきながら、患者さまに寄り添った看護を提供すべく邁進していきます。

2011年入職 一般病棟勤務  (看護師)

私が平成とうや病院に入職して3年が経ちます。昨年は長男の出産のため育児休暇をいただき子育てに専念することが出来ました。今年4月から復帰しています。育児と仕事の両立は大変ですが、患者さまとの関わりの中で看護の楽しさ・やりがいを感じ、毎日が充実しています。職場は雰囲気が良く働きやすいです。子育て支援のための多様な就業時間の相談ができ、保育所の検討など病院全体で働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

2013年入職 一般病棟勤務  (看護師)

昨年4月、福岡の病院を辞めて妻の実家に近い当院へ入職しました。
私も妻と一緒に子育てをやりたくて、男女の区別なく子育てを支援している当院に決めました。みんなで協力して子育てを支援しようという職場の雰囲気があり、ワークライフバランスの取り組みも積極的です。休暇や時差出勤などの希望を受け入れてもらい、おかげで助かっています。県外から熊本の病院に変わるのは不安もありましたが、新人研修と同じような中途採用プログラムがあり、すぐに慣れました。熊本弁もマスターできました。

2014年入職 医療連携室勤務  (医療ソーシャルワーカー)

入職翌月より症例を持ち始め、院内・外多くの方々との関わりを持たせていただいています。ソーシャルワーカーとして、社会人として自らの力不足を感じる場面が多くありますが、ユニークな同期や頼もしい先輩方に支えられながら日々駆け回っています。どの部署にとっても心強い存在となれるよう、これからも支援に関わる人々と丁寧に向き合うことを心がけて業務に励んで参ります。