今年も雛人形を飾りました。

病院内には長い入院生活の方もおられます。

季節感や生活感を感じていただけるよう、温かい環境作りの一環として今年も雛人形を飾りました。

 

 

雛飾りが大きいので営繕係りさんが毎年組み立ててくれます。

 

 

頼もしい!

 

 

雛人形の起源は大変古いそうです。

雛人形を飾り、子孫が増えたことを、皆々が喜び祝う。日本人にとって大切な行事の一つです。

 

 

これはどこだろう??? と探す。うん???

 

 

年に一度のひな飾りなので、昨年の飾りの資料を見ながら格闘しています。

お内裏様とお雛様の間に置くお花の台を左手に。右手にその台に乗せる銀の瓶の飾りを持っています。

 

しかし左手の台の持ち方が逆です。

あやしい・・・。

 

「ふたは???」とつぶやいていました。

ふたは、ありません。  上下逆です。

 

彼女はよく考えたあげく、逆のまま、そのまま飾ってしまったようです。

 

最後にみんなに「逆――――!」と突っ込まれていました。

 

これが正解!

 

 

 

とうや医療福祉グループのスタッフから寄贈されたものを大切に飾っています。

豪華な十五人フルセットの七段飾りです。私の家のコンパクトな雛人形とは違います。

 

内裏雛(だいりびな)

三人官女(さんにんかんじょ)

五人囃子(ごにんばやし)

随身(ずいじん、ずいしん)

仕丁(しちょう)

 

お雛さまは女性にとっていくつになっても永遠の憧れですので、テンションが上がります。

 

 

 

偶然このタイミングで外来を通った検査技師さんは、飾りに悩む私たちを見かねて立ち寄って、手に持つ刀や飾りをどこのだれの持ち物なのか?を一緒に悩んでくれました。

 

 

うーーーーん???

 

 

あーでもないこーでもないと話しながら

 

 

なんとか無事に飾ることができました。

見る方が見ると違っているところがあるかもしれません。

直しますので、こっそりと教えてください。

 

 

 

明かりを 点けましょ ぼんぼりに♪

 

 

3F外来、連携室の前に設置しています。

外来に来られた際には、のぞいてみてくださいね。

リハビリスタッフ2名が講師として地域の体操教室へ参加

2020116日に地域の体操教室へ、

リハビリスタッフ2名が講師として参加してきましたのでご紹介します。

 

 

高齢者の転倒事故は屋外ばかりでなく自宅でも多く発生しているそうです。

高齢者が転倒しやすい場所を一緒に勉強します。

 

・ご当地体操

・たいのしま(地名)体操

 

両手でタオルを持ってできる体操を一緒に行います。

 

皆さん立ち上がって元気に体操されていました。

 

ポイントは肘を合わせたまま頭の上まで上げて~!

健康で長生きしましょう!

楽しい時間をどうもありがとうございました。

お問い合わせ先

TEL.096-379-0108(代)

FAX.096-379-0228

メールでのお問い合わせ
トップへ戻る